エコリサイクルセンター兵庫

お問い合わせはコチラ

神戸市の冷蔵庫処分方法7個!無料回収・リサイクル料金サービス紹介

神戸市の冷蔵庫処分方法7個!無料回収・リサイクル料金

冷蔵庫は、一度買ってしまうとなかなか処分のタイミングが訪れない家電です。そのため、いざ処分しようとしたときに、どうやって処分したらいいのか困ってしまうこともあります。

今回は冷蔵庫を処分したいときにどんな方法があるのかについて解説します。

※エコリサイクルセンターは冷蔵庫の回収・買取サービスを行っています。最安値保証で行っていますのでこちらのページからお気軽にご相談ください。

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象?

2001年に本格施行された「家電リサイクル法」は、家庭から排出される冷蔵庫、エアコン、洗濯機、テレビを資源として有効利用するための法律です。それまでは、不要になった冷蔵庫は粗大ゴミとして捨てられていましたが、この法律の施行によって粗大ゴミとしての分類ができなくなりました。

家電リサイクル法の対象となる冷蔵庫などの家電製品は、経済産業省が指定する方法で適切に処分しなければなりません。冷蔵庫に含まれる有用な部品や素材を抜き取り、資源として再利用するためです。誤って指定された方法以外で処分してしまうと、違法にあたり罰則が科せられてしまいます。

冷蔵庫の処分方法7個

1. 買ったお店に処分を頼む

不要になった冷蔵庫を購入したお店が近くにあるならば、お店に回収を依頼できます。

まずは、お店に出向き、回収の申出とリサイクル券を発行してもらいます。その後、自宅まで業者が回収に来てくれますが、運搬費用は別途かかります。リサイクル料金は、冷蔵庫の容量によって決められていますが、運搬費用はお店によって変わるので、事前に料金を確かめてから依頼しましょう。

2. 新品の購入店舗に回収を依頼

新たな冷蔵庫を購入するタイミングで、不要になった冷蔵庫を引き取ってもらえます。新しい冷蔵庫を購入した際に、古いものの回収をお願いして、リサイクル券を発行してもらいます。

その後、冷蔵庫の運び入れる際に、古い冷蔵庫と入れ替えてもらいます。この場合も、リサイクル料金とは別に運搬費用がかかるので、事前に料金の確認が必要です。

3. 自治体で処分してもらう

粗大ゴミとしては捨てられない冷蔵庫ですが、自治体の回収サービスを利用できます。お住まいの市区町村の担当部署に問い合わせて、回収の日程や運搬費用を確認しましょう。回収を依頼する前には、郵便局でリサイクル券を買っておく必要があります。

その後、市区町村が指定した回収業者が自宅まで引き取りに来てくれるので非常に楽です。ただし、市区町村にお願いする場合は、回収までに日数を要するので急ぎのときには注意が必要です。

4. 指定引取所への持ち込み

車両を自分で用意できる場合は、直接指定の引取所に持ち込むこともできます。この場合、事前に持ち込む日程を予め電話で伝えておくことが肝心です。

日程の確認したら、郵便局でリサイクル券を購入します。運搬費用はかかりませんが、冷蔵庫をひとりで運ぶのは大変なため、人手を確保する必要があります。

5. リサイクルショップに売る

冷蔵庫がまだ新しい場合は、リサイクルショップに売る方法もあります。無料で査定をしてくれる業者もいるので、買取ができるかどうか確認しましょう。

高値で買い取ってもらうには、汚れを落とし、なるべくキレイな状態にすることがポイントです。無事に買取可能となれば、自ら搬入、もしくは出張で回収を依頼します。注意として、10年以上前の冷蔵庫は買取の対象にならない可能性が高いので、その場合は別の手段を考えましょう。

6. 不用品回収業者の利用

早く冷蔵庫の処分をしたい場合は、不用品回収業者の利用することもできます。最速で当日に回収してもらえるので、緊急の場合は重宝します。

不用品回収業者であれば、リサイクル料金はかからず、回収にかかる料金のみケースがほとんどです。冷蔵庫の状態がよければ、買い取ってもらえる可能性があり、回収料金と相殺ができます。業者によっては法外な値段を提示してくるので、依頼する場合は必ず複数の業者から相見積もりを取りましょう。

7. 知り合いへの譲渡

冷蔵庫を必要としている家族や友人がいれば、譲ることも1つの方法です。特に、引越しシーズンとなる春先は、冷蔵庫の需要が高まる時期です。ただし、家族、知人とはいえ、状態の悪い冷蔵庫では失礼にあたるので気を付けましょう。

また、あまりにも古い冷蔵庫や故障品は、事故の原因となるので譲渡は避けてください。まだ現役として使える状態のものであれば、非常に喜ばれると思います。

冷蔵庫の無料回収方法は?

冷蔵庫は、家電リサイクル法の該当商品であるため、家電量販店等で引き取ってもらう場合はリサイクル料金が必要です。

また、市区町村に依頼する場合でも、リサイクル料金が発生し、無料回収とはなりません。無料回収もしくはリサイクル料金を払わない方法としては、先述のリサイクルショップや不用品回収業者に依頼する方法になります。

状態がいい冷蔵庫であれば、買い取ってもらえる可能性もあります。また、リサイクルショップに自分で持ち込めば、運搬費用がかからない分、収益アップにつながります。

不用品回収業者に依頼する場合は、他の不用品を合わせて処分できると効率的です。冷蔵庫が新しく、買取可能であれば回収料金と相殺して、実質無料になることもあります。

冷蔵庫の処分費用・リサイクル料金

冷蔵庫のリサイクル料金は、冷蔵庫の容量によって決まり、170Lが基準値となっています。170L以下の冷蔵庫の場合は3,740円、171L以上の場合は4,730円が基本料金です。

家電量販店や指定の回収業者を利用する場合は、ここに運搬費用が加わります。運搬費用は、業者や回収場所によって異なるため一概には言えません。ただ一般的には、2,000〜3,000円程度が目安となります。自分で運搬する場合は、この費用がなくなり、リサイクル料金のみとなります。

神戸市の冷蔵庫処分方法

神戸市で指定取引場所に自分で持ち込む場合は以下の場所になります。
※事前に家電リサイクル券(粗大ごみ処理券の代用不可)の購入が必要です。

◯西濃運輸株式会社神戸支店(六甲アイランド)
住所:兵庫県神戸市東灘区向洋町東3-11
電話:078-857-6963(代表)

まとめ

今回は、冷蔵庫の処分方法について詳しく解説しました。繰り返しですが、家電リサイクル法の対象である冷蔵庫は、法に沿った正しい方法で処分しなければなりません。
また、冷蔵庫はサイズが大きいため、搬出・搬入には人手が必要になります。
自ら運搬すれば、費用は抑えられますが、安全面に不安が残るため、無理をせず専門業者にお願いすることも考えましょう。

※エコリサイクルセンターは冷蔵庫の回収・買取サービスを行っています。最安値保証で行っていますのでこちらのページからお気軽にご相談ください。


通話料無料!電話ですぐに概算見積もり可能
最安値水準!他社より高い場合はご相談下さい!

0120-538-889 LINE問合せ